セフレってどういう友達?

世の中にはセフレという男女関係があります。セフレはご存じのとおりセックスフレンドのことです。セフレは、恋愛感情などの感情を一切排除して、セックスのみによって結ばれた男女関係です。
極端なことをいうと相手のニックネームしか知らなくて、どこに住んでいて何をしている人なのかも知らないということもあります。基本的には相手のプライバシーに干渉しないのがルールというわけです。
セフレは、ある程度継続的な男女関係を意味しますので、行きずりの相手と一発やっちゃったというのはセフレとは言いません。そういう意味ではセフレは第三の男女関係と言うことができるのかもしれません。
セフレを持つようになるきっかけはそれぞれ違うでしょうが、既婚者が比較的多く、セックスレスになっている夫婦が多いようです。特に女性の性欲は年齢とともに増すと言われていますからね。


また、恋人がいてもセフレを作る男女もいます。精神的には恋人を信頼しているけれども、セックスについては不満足な場合、セフレを作る傾向があるようです。いずれにしても性的な不満足を解消するためにセフレを持つということです。
諸外国にもセフレという男女関係はあるようですし、ゲイの世界にもありますね。どんな世界でもやっぱり充実したセックスのある生活を目指しているのだと思います。

女性の反応

セフレという言葉をよく聞きますが、セフレつまりセックスフレンドという男女関係は最近増えているようです。セフレの目的は、セックスによる満足を得ることです。
満足のいくセックス、十分なエクスタシーを得られるセックスを求めているわけです。最近は特に女性の既婚者がセフレを作ることが多くなっているようです。
夫婦のセックスレスはある意味深刻な問題です。本当は離婚して別の男性と満足のいくセックスをしたいとしても子供のこととかいろいろあって、離婚には踏み切れずにセフレを作る既婚者が増えているのです。
特に女性の場合、年齢とともに性欲は増していくとも言われていますので、セフレは欠かせない存在になっている女性も多いのです。3人のセフレをローテーションしている女性もいると聞きますね。
また、未婚の女性であっても、恋人のほかにセフレを持つ女性がいますね。これもやはり恋人とのセックスに不満を持つことが多いようです。特定の恋人は作らない主義の女性が、セフレを作ることもあるようですね。
いずれにしても性的な満足は充実した生活には欠かせないわけです。本人たちは、セフレのことを「彼氏」と呼んでいるようですので、彼氏と言いながら本当はセフレだったりするかもしれません。隠れセフレを持つ女性は意外と多いと思いますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ